空を見上げて

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by tamachouse  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

新工法視察

 先日、あたらしい基礎の工法を視察という事で、静岡は「清水市」まで、

行ってまいりました。

 通常、基礎を施工する時には、「型枠」というのを組んでコンクリートを流していきます。

その後コンクリートが固まるとその「型枠」は、撤去してしまうのですが、新工法ではその

型枠をそのまま仕上げにしてしまおうという発想です。

こちら↓


DSC_5443.jpg

写真で見る限りは、あまり気にならないと思います。実際に見た私も、そんなに気にならずに見ておりました。

鋼板なので、焼付け塗装して色をつけることも出来るそうですが、素地のままがいいかな・・・

見える部分が大きな擁壁だとこんな感じで見えます。こちら↓


DSC_5385.jpg

ちょっと光って見えますが、こちらは試験的に色々な鋼板で作成しているそうなので、所々で色が若干ちがって

見えました。

パネルを作成しているところも拝見させていただきましたが、大きな工場でびっくり!!です。


こちらは↓アイボリーの塗装版

DSC_5504.jpg

当然ながら、内部には鉄筋が組まれております。

DSC_5514.jpg

 コンクリート強度も、通常にくらべて強くなる結果がでているそうなので、今後は作業性とコスト面も合わせて、検討していければと思います。





スポンサーサイト
by tamachouse  at 13:34 |  未分類 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
プロフィール

tamachouse

Author:tamachouse
川崎市多摩区の工務店 『タマックの』一級建築士 高橋です。一生に一度の家づくり。ハウスメーカーや工務店の言いなりにならない「オンリーワンの家づくり」を、私と一緒に楽しんでみませんか?

カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。